目玉のモデリングをします。

 

目のモデリングで、瞳を作るのはちょっと面倒ですよね。

 

出来るだけわかりやすく解説しますので、参考にしてみてください。

 

今回は、人体モデルを利用します。

 

 

人体モデルから目だけを選択し、下絵をセットします。

 

 

Bodyのロックを外し、首から上を切り取り(ctrl+x)、そのまま貼り付け(ctrl+v)をして別のオブジェクトにします。

 

オブジェクトパネルに新しく頭部の「obj1」ができました。

 

 

bodyはロックして、非表示にします。

 

次に目玉の瞳の下絵を準備します。

 

今回は無償の瞳のテクスチャを利用させて頂きました。

 

目のテクスチャ無料版

 

瞳のテクスチャを切り取りました。

 

 

 

新規オブジェクト下絵を作り、基本図形からXY面に平面を作ります。

 

大きさは寸法、または作った後の拡大縮小で調整してください。

 

 

 

材質を新規作成し、模様に瞳のテクスチャをあてます。

 

名前を瞳の下絵としました。

 

 

 

先ほど作成した平面「下絵」に材質「瞳の下絵」を割り付けます。

 

下絵を選択し、選択部処理の面に現在の材質を指定をクリックします。

 

eyeを非表示にし、mat1の不透明度を調整してみると、瞳の大きさと傾きが合っていません。

 

 

 

下絵の大きさを拡大縮小などで調整します。

 

瞳の位置は、下絵を移動してお好みの位置にしてください。

 

 

 

目玉に瞳を付けます

 

オブジェクトobj1を非表示にします。

 

新規材質で目玉をつくり、設定で不透明度を0.8にします。

 

 

オブジェクトeyeに、材質目玉を指定します。

 

 

 

この瞳の形を目玉にエッジの追加で、辺を追加していきます。

 

このとき、表示を「前」にすることで、裏側に辺が追加されるのが防げます。

 

キレイな形にしたいので、ナイフの連続切断で辺を追加していきます。

 

 

 

このようになります。

 

 

 

表示を目玉だけにし、瞳の部分を押出します。

 

押出は選択した面が押し出されるのですが、面の選択を急ぐと、途中で押出するミスがでるので、ゆっくり確実にしましょう。

 

私の場合、ちょっと辺を削除し残った点を結合してやってみました。

 

面の選択はShiftを押しながら行います。

 

押出す時もShiftは押したままです。

 

押出した状態がこれです。

 

この辺は、形状のゆがみ等をきちんと修正した方がいいです。

 

 

 

そのままの状態で、拡大縮小で少し小さくして、エッジに傾斜をつけます。

 

 

 

次に、押し出した面の内側の頂点を選択し、選択部処理で「選択頂点をくっつける」をします。

 

 

頂点が一か所に集まります。

 

 

画面を正面に向けて、頂点を瞳の中心に移動します。

 

 

 

出っ張っている頂点をZ軸方向に移動して、ちょっとくぼんだ形にします。

 

 

 

UV展開してテクスチャを適用する

 

オブジェクトの下絵と材質の瞳の下絵を削除します。

 

モデリングをマッピングに変更します。

 

UV操作の自動展開を選択し、UV操作バネルを開きます。

 

UV操作パネルの切れ目を選択し、現在の切れ目を表示します。

 

 

この切れ目で、展開するとぐちゃぐちゃになるので、ルート削除で全て消します。

 

 

画面を左側面からの表示にし、通常選択で真ん中の線ななるように選択します。

 

 

 

展開実行をします。

 

 

このまま、OKを押します。

 

 

注意、展開した図が凄く大きくなっている場合があります。

 

そのため、図が見えないときがあるので、マウスを図形から外して、ホイールで縮小します。

 

すると、こんな展開図が出てきます。

 

 

 

この展開図を、UV操作のファイル出力をします。

 

 

展開図です。

 

 

 

この後は、画像編集ソフトで瞳をハメ込み、他を白で塗りつぶします。

 

実際には、黒の線も白で塗りつぶしています。

 

また、歪みなどもあって、画像を修正してます。

 

 

 

結果はこんな形です。

 

 

 

ちょっと、展開すると瞳の形状が歪んでいるので大変でした。

 

そこで、展開図に直接、瞳を書いてみたのがこちらです。

 

 

その展開図はこちらです。

 

 

まとめ

 

結論から言って、眼球に楕円形の瞳を使用する場合には、展開した絵に直接瞳を描いた方がよさそうです。

 

目は、他にもやり方がいろいろあので、試してみてくださいね。

 

この記事が参考になれば幸いです。

 

このページの先頭へ戻る