メタセコイア4で髪のモデリング【その1】

 

今回は、メタセコイア4で髪の毛のモデリングを行います。

 

髪の毛は、その形によって作り方は色々あるようです。

 

今回は、一般的な感じがする「もちひよこさん」の動画を参考に作ってみました。

 

それでは、行ってみましょう。

 

 

前回までのおさらい等。

 

前回のモデルを少し修正しました。

 

それがこちら↓

 

 

 

口を変更したのと、頭の部分の面張りを追加してます。

 

この部分は面張りと、ひたすら調整でした。

 

今までの、やってきた方法で出来るので、説明は省略します。

 

髪の毛の元を作る

 

オブジェクトで髪、材質で髪を作ります。

 

材質は、諸設定が他と同じになるように、複製で作りましょう。

 

 

 

基本図形で円柱をつくります。

 

詳細設定でU方向が10 V方向が3で作ります。

 

 

 

 

上と下の中心の頂点は削除します。

 

 

 

 

オブジェクト髪の設定では、曲面制御を曲面タイプ2、分割数4にします。

 

理由は、髪の毛を滑らかに表示して作業するためです。

 

 

 

 

表示の切り替えは、表示の曲面ワイヤー表示をOFFにします。

 

 

 

円柱を適当な位置にかぶせ、形を整えます。

 

 

 

 

そして、天辺を拡大で塞ぎます。

 

 

 

 

移動、拡大で形を作ります。

 

 

 

 

前髪部分を作るので、不要なところは削除します。

円柱を作るときの分割数や配置の具合で、前髪を4分割などにもできます。

 

 

 

 

下絵に合わせて調整していきます。

 

調整する時、左右の端端の頂点を同時に動かしたい場合には、shiftを押しながら頂点を選択し操作パネルで調整します。

 

 

 

 

大まかに形が整ったら、曲面フリーズをします。

 

オブジェクトの髪を全選択し、曲面・ミラーのフリーズを実行します。

 

 

 

 

大体の髪の形を作るため、多すぎる辺をナイフで消していきます。

 

 

 

 

髪の形状に合わせて、縦の辺も消していきます。

 

この下絵だと、髪がしっかり描いていなかったので、適当にしました。

 

 

 

 

選択のベルトを使用して、縦のラインをshiftを押しながら、交互に選択します。

 

 

 

 

そのまま、切り取りctrl+xと貼り付けctrl+vを実行します。

 

すると、新しいオブジェクトが作成されます。

 

また、これにより髪を1房づつ編集できるようになります。

 

 

房ごとに形をつくりますが、物理演算(モーフ?)を入れることから、テッペンの方はいじらないほうがよさそうです。

 

 

下絵とはだいぶ違いますが、こんな感じです。

 

 

 

 

この方法のポイントは、頂点の結合を使用しないことです。

 

マッピングの時に大変になるそうです。

 

(この時点では、その大変さは知りません。ごめんなさい)

 

 

また、髪の設定では、曲面タイプを2 分割数2にします。

 

整ったら、ミラーのフリーズをを実行します。

 

すると、髪の頂点が増えました。

 

 

 

髪に厚みを持たせます

 

初めに、面の三角化をします。

 

髪を全選択して、選択部処理の面の三角化を実行します。

 

 

 

 

エッジの交換で、三角化した辺をAのように変えていきます。

 

 

 

 

末端は余計な頂点を削除します。

 

 

 

 

このようになります。

 

 

 

厚みを持たせるための裏地をつくります。

 

オブジェクト髪2を複製します。

 

名前は髪2裏地とします。

 

髪2裏地を全選択し、選択部処理の面の反転をします。

 

 

 

 

髪についても同様の操作をします。

 

このままで、頂点の位置を動かすとズレてしまうので、避けたほうがいいでしょう。

 

裏地の動きで、分かれ目になっていないところは不要なので削除します。

 

 

 

マグネットで髪に厚みを持たせます。

 

選択のブラシ選択で、厚みをつける頂点を選んでいきます。

 

 

 

 

次に、マグネットを選択し、カマボコ形状を選び、選択頂点のみと影響範囲を500位にします。

 

下側(毛の先端のほう)の頂点を選んで、表側に引っ張ります。

 

つかむ頂点の場所によって、膨らみが変わります。

 

 

 

 

髪の裏地も同じようにします。

 

設定と膨らませ方が違うので、絵を参考にしてください。

 

マグネットの形状は三角、選択頂点のみ、影響範囲は9.5位です。

 

影響範囲は、ドラッグで範囲指定を選択し、つかむ頂点を中心にして、髪の先端までドラッグして話します。

 

中心が一番影響して、先端が影響しない形になります。

 

 

 

 

全ての前髪を編集した状態です。

 

 

応用として、髪の束を1つづつ作って張り付ける方法があります。

 

 

 

もちひよこさんの前髪のモデリング動画です。

 


このページの先頭へ戻る