アニメーションの準備

 

アニメーションの手順

1. Sceneにオブジェクト(player画像等)を配置する。

 

2. オブジェクトにAddConpnentでAnimaterを追加する。

 

3. AssetにAnimationフォルダを作成する。

 

4. Animetionフォルダ内で右クリックして、Create>AnimationControllerを作成する。

 

5. AnimationControllerの名前を変更(playerAnimation)する。

 

6. オブジェクトのAnimaterのControllerにplayerAnimationをセットする。

 

7. アニメーションを付ける下準備ができました。

 

8. Window>Animation>Animationを選択すると、アニメーションを作成するウインドウが開きます。

 

9. Hierarchyのオブジェクトを選択した状態でCreateをクリックする。

 

10. Animationファイルの新規作成画面が出るので、作成したい名前で保存します。

 

11. アニメーション作成ウインドウに、画像をドラック&ドロップする。

 

12. アニメーションを追加する場合には、左上のアニメーション名(player_stand)をクリックして、Create New Clipを選択する。

 

13. 新しいアニメーションの名前で保存し、画像をドラック&ドロップしてアニメーションを作成する。

 

14. 出来たアニメーションを選択して、Inspectorを見るとLoop Timeがあります。ループさせたくない場合には、チェックを外します。

 

 

Animaterないのアニメーションの切り替わりを設定していきます。

1. 今回はplayer_standからplayer_runに切替の←を引きます。

 

2. player_standで右クリックしてMake Transitionをクリックします。

 

3. そして、player_runと接続します。

 

4. 接続した←を選んでInspectorないのHas Exit Timeのチェックを外します。

 

Has Exit Timeはアニメーションが完全に終わったという条件を追加するものです。
つまり、1つのアニメーションが終わるまで次に移行できないということです。

 

5. SettingのTransition Duration(s)を0にします。

 

Transition Duration(s)はアニメーションからアニメーションに移行する時に前後のアニメーションを混ぜて滑らかに動くように見せるものです。
これは2Dでは不要であり邪魔なので0にしています。

このページの先頭へ戻る